全体図

注文フォーム
人物画(彩色)の一覧に戻る

商品番号....... 掛軸 jc38
商品名............ 西王母図
表具サイズ..... 85×22.4cm  合せ二重箱(石河有粼の識)
本紙サイズ..... 21.5×16cm  絹本 軸端・骨
作者................ 小田 海仙
価格................ \ 28,000

小田 海僊(おだ かいせん)
  江戸時代後期の日本の南画家。 通称良平、
  名は羸(るい)または瀛(えい)。
  字を巨海、号は海僊の他に百谷または百穀。
  天明5年(1785年)〜 文久2年(1862年)

石河 有粼(いしこゆうりん)
  尾張藩国老石河正基の三男、名古屋城三の
  邸に生まれる。はじめ園田忠監につき土佐
  派を学びまた前田正忠に西洋画を、織田杏
  斎に師事して南北合法を修めた。数々の展
  覧会で入選する。多くの門人を養成し、名
  古屋美術界の長老として画壇に尽くした。
  明治三年生まれ、昭和27年没

拡大図
拡大図



 合せ箱蓋裏

 二重箱外箱